ごとおしも ひはんしていた きがする

めえれえに すなおに したがうだけの ぅろばあとぅの よおに なってしまう とゆうよおな かんじで

しかし しこおにわ おおきく にしゅるいある

あくれえの しこおと せえれえの しこお

さくりゃくや えぅろなど、こじんの しこおわ あくれえ

こころある ひとが ゆうのわ こちらの いみ

ひはんされる すじあいの ものでわない


せえれえの しこおも ある

せえれえでの かいわや せえれえによる はっそお

みらいてきな たのしい くうそおわ いいものだ

これお やめるのわ たしかに おろかなこと